パチンコ・パチスロの期待値とは?

こんにちは、雷電です。

皆さん期待値という言葉を聞いたことがありますか?

確率の世界で使われる言葉です。

パチンコ・パチスロも確率の世界なので期待値という言葉を覚えた方がよいでしょう。

期待値の意味を知ることはパチンコ・パチスロで勝つことに繋がります。

それでは本文をどうぞ。

パチンコ・パチスロの期待値とは?

パチンコ・パチスロの期待値とは?

パチンコ・パチスロの期待値とは、どれくらい勝てるか、どれくらい負けるかを計算した値のことです。

例えばパチスロって同じ状況から始めたとしても、同じ小役を引いて同じ結果になることは無いですよね。

ということは1台1台がどうなるかは予想が出来ないんですね。

例えばパチンコ屋さんでジャグラーの設定6が10台あって全部同じ回転数回しても、ビッグ回数、レギュラー回数、ブドウの回数、出玉率などが全て同じになることは無いんですよ。

だとしたらどれくらい勝てるか、どれくらい負けるかなんて予想できないですよね。

そこでギャンブルの世界ではひとつひとつの結果は予想できないが、平均すればこうなるっていうのを考えることにしました。

これが期待値です。

平均した値で見ると、ジャグラーの設定6を同じ回転数回すと、ビッグ回数は何回、レギュラー回数は何回、ぶどう回数は何回、出玉率が何%かっていうのがわかります。

これは平均値なので、だいたいこのくらいになるだろうと予想ができます。

これは回数が多ければ多いほど平均値に近づいていきます。

これは確率の世界での基本の法則である大数の法則というものです。

たくさん回せば回すほど平均値に近づいていくんですね。

ジャグラーの設定6を100回転回した時よりも、10000回転回した時の方が平均値に近づいていくということです。

パチンコ・パチスロの台の大当たり確率はメーカーから公表されているので回せば回すほどその値に近づいてきます。

パチンコ・パチスロの期待値の計算方法

パチンコ・パチスロの期待値は大当たり確率と、平均出玉と、1000円で何回転回るかがわかれば計算できます。

大当たり確率はメーカーから公表されていますし、平均出玉もホールデータから算出できます。

1000円で何回転回るかはパチンコは台によって変わります。

パチスロは設定によって変わることもありますし、ないこともあります。

パチンコは大当たり確率と平均出玉が一定なので1000円で何回転回るかがわかればだいたいの期待値がわかります。

スロットは設定によって大当たり確率と平均出玉、1000円で何ゲーム回るかが変わるので、、設定がわかれば期待値がわかります。

 

計算の仕方は大当たり確率までいくらかかるかをまず出します。

例えばジャグラーの大当たり確率120分の1だとして、1000円で40ゲーム回るとします。

すると平均3000円で当たります。

このときの平均出玉が3000円を超えていれば期待値はプラス、3000円より低ければ期待値はマイナスとなります。

このようにして計算することが出来ます。

とはいえ計算するのが複雑なので自分で計算するのが苦手だなっていう方はGoogle検索すれば機種ごとに期待値を調べることが出来ると思います。

今回は計算方法を知っておくことだけで十分です。

パチンコ・パチスロの期待値の使い方

パチンコ・パチスロの期待値がわかったら次にどう使っていけばよいでしょう?

答えは期待値がプラスの台を打つということです。

期待値がプラスということは平均すると勝てるようになっています。

しかし平均値に近づけるためにはたくさん回さなければいけません。

期待値がプラスの台を1台だけ打っても負けることがありますが、何百台、何千台と打っていくと勝てるようになります。

なので一回一回の結果は気にせず、たくさん回数をこなすことが重要です。

まとめ

パチンコ・パチスロは確率の世界なので、一回一回の結果はわからないが、平均値で結果を予測することが出来ます。

この確率の平均値のことを期待値と言います。

確率は回数が多いほど平均値に近づいていくので、たくさん回数をこなす必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です